2007年07月24日

オタに優しい街・台湾2007冬(3)

前回はこちらから。

台湾旅行2日目。
前日は夜に雨に降られてしまいましたが、今日は朝起きると曇りながらも日が差してました。

CA330526.JPG
昨日は夜に写した台北駅も、今日はよく見えます。

CA330527.JPG
ホテルの朝ごはんを。バイキング形式。

CA330528.JPG
前回もそーだけど、何故か目がいってしまうヤクルト。
味は普通のヤクルトと変わらず。

CA330529.JPG
一歩外に出てみましたが、旧正月中のせいか、人はまばら。
1日中ビュンビュン走っているはずのタクシーも少なめです。

CA330531.JPG
実は昨日来る時、現地の添乗員に「台湾にも、日本の居酒屋できました」といって紹介されたのがコレ。和民です。
リーズナブルで個人的に好きな居酒屋ランキングベスト5に入るチェーン店なんですけどね。
台湾だと何が違うのだろうか・・・?

CA330532.JPGCA330533.JPG
新光三越・・・まぁ、日本の「三越」と同じです。
前職でひじょ〜〜〜〜〜にお世話になったところですので、是非中を見てみよう・・・と思って行ってみたのですが、まだ開店していない!
(11時開店だったらしい)

他の店を探すも、どうやらほとんど開いておりません。旧正月だから余計に開店時間遅いのかなぁ・・・
仕方が無いため、24時間営業のカルフールこと「家楽福」というスーパーに行くことにしました。

CA330534.JPG
タクシーとっつかまえて、10分程度走ると家楽福へ。

中は撮影禁止なので(シャシンダメ、と店員さんに言われた)画像はありませんが、日本でもよくあるスーパーのような感じでした。
感覚的にはダイエーやイトーヨーカドーに近いかな、といった具合です。

途中、入口がわからずつたない英語で警備員さんに「入口どこ?」みたいな聞き方をしたら、逆流防止のチェーンをスっとあげられて「どうぞ」と手招きされて中に入りました。

入ったのはいいけど・・・これって品物買わないと出られない感じじゃないですか(日本みたいに無人レジを素通りできない)

万引き防止の為なんでしょうか。ちょっと不便だなと思ったところでした。

ちなみにスーパーの品揃えは日本とあまり変わらず。
ただ、台湾特有の魚醤の臭いが店内に充満しているのと、量り売りが日本に比べ多いように見受けられました。

品物はプリンなどのお菓子と、お酒のつまみを数点購入。
ホテルに帰って夜にたべよーっと。


さて、家楽福を出てから再びホテルへ戻ります。
次なる目的はというと、以前もいった「メイド喫茶」へ!
台北駅近くだから、歩いていけるぜヒャッホーイ!!

CA330537.JPG
閉まってるし・・・・orz

お昼ごはんをここで食べようと思っていたのですが、計画を変更せざるえないに状態なってしまいました。旧正月を甘く見ていたぜ・・・

仕方ないので、適当な店に入って食事。
CA330538.JPGCA330539.JPG
メンバーが「写真とか出てるほうがいいんじゃね?」と、商品の写真が出ている店に入って注文したのはいいけど・・・ボリュームは凄いが、味はまぁまぁでした。

というか香辛料が強すぎ・・・

とりあえず腹を膨らませたところで、もう一度ホテルに戻ります。

ホテルにて、他の日本人サークルの方々と合流。
これからの行動の打ち合わせをしたところで、数班に分け、行動することになりました。

我々は3名ほどのグループで、台湾で一番高いとされる建造物「台北101」へと向かいます。

CA330540.JPG
台北中心部より少し離れておりまして、タクシーを捕まえていったものの、30分ぐらい走ってようやく到着。
地下のタクシー乗り場に下ろされてしまったため、全貌を捕らえることは出来ませんでした。

上の写真は地下はいって少し昇ったところ。
なんていうか「六本木ヒルズ」状態なんですけどぉ・・・

CA330541.JPG
オシャレなものが平然と並べられています。
我々オタ諸君には場違いなオーラが場を支配している気がする。

CA330542.JPGCA330543.JPG
途中の階から、展望台がある89階へと、一気にいくことができるエレベーターがあります。有料ですけど。
勿論コレに乗る為に来たわけで、早速整理券を購入して列に並ぶことに。

CA330545.JPG
先は長いよ〜・・・

CA330546.JPG
列の途中に大型液晶モニターがあり、101が出来るまでをドキュメンタリー風に紹介しています。日本でもよくありそうな映像。

地道に待つこと30分程度、ようやくエレベーターに乗ることが出来ました。

で、昇った先には・・・

CA330547.JPGCA330548.JPGCA330550.JPGCA330552.JPGCA330553.JPG
たかーいたかーい。
お約束のセリフ「見ろ!人がゴミのようだ」も忘れてただ見入ってました。

遠くの景色は曇っていた為、見ることは出来ませんでしたが、視界を見下ろすだけで充分その高さは実感できるものでした。

で、展望台の中をくまなくまわっていると・・・

CA330549.JPGCA330551.JPG
なんだこりゃ・・・
どうやら旧正月用のオブジェだそうです。
RPGで敵モンスターとかに出てきそうな気がします。

CA330555.JPG
貸し出ししてくれる案内機。ちゃんと日本語モードもあり、ごく標準な日本語を聞くことが出来ます。
カタコトの日本語ばかり聞いていたせいか、素晴らしいと感じてしまったっ・・・!

CA330557.JPGCA330558.JPG
場内の案内板には、ちゃんと日本語の案内や説明が併記してあります。
しかも正しい言葉遣いで(ここが大事)

スタッフの日本語能力もかなり高く、たどたどしい日本語で話す人は全然おりませんでした。凄いな101。

さて、ぐるっと一回りしたところで、さらに階段で91階まであがります。

CA330567.JPG
高さがかいてあり、左下に椅子が。
これ、椅子ときづかずなんだろうと思っていたら、地元のオバチャンが座りだして記念撮影しだしたのでようやく判明しました。
椅子ならもっとちゃんとしたやつじゃないとわからんよー。

CA330563.JPGCA330564.JPGCA330565.JPGCA330566.JPG
最上階から見える景色は、下の展望台とあまり変わりませんが、ガラスが無い分広く感じます。
当日は風が強かったものの、揺れはまったくなく(というかそういう設計らしい)快適に見学することが出来ました。
これで晴れていたらとんでもなく遠くまで見えるのかな。

再び展望台に戻ってみると、例のオブジェに光がともっておりました。

CA330568.JPGCA330569.JPGCA330574.JPG
なんか、キモさ倍増なんですけど・・・

オブジェにも光がつき、外にもチラホラと明かりがつき始めてきました。

CA330571.JPGCA330572.JPGCA330575.JPG
台湾の夜景も、またオツなもんです。

そろそろ他のメンバーと約束した集合時間まで近づいてきているので、展望台から降りることに。

CA330579.JPGCA330578.JPG

昇るときは撮影できなかったのですが、エレベーター内を暗くして天の川と、現在いる階数を表示してくれます。
ぐんぐん階数が動く割にはGは感じられず。
日本の建設会社がこのエレベーターを作ったそうですが、すげぇなぁ。

CA330580.JPGCA330581.JPG
入口と、そこから撮影した101。
ライトアップが豪華ですなー。

さて、三度タクシーとっつかまえて、ホテルへと戻ります。

- つづく -
posted by NOCHI at 01:17| Comment(48) | TrackBack(6) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

オタに優しい街・台湾2007冬(2)

前回はこちらから。

無事ホテルに到着した我々台湾旅行オタご一行様。
チェックインも問題なく済ませたところで、一服。

また6時ごろということもあり、夜市へと繰り出してみることにしました。

CA330493.JPG
ホテルのすぐ隣が、台北駅。
ここから電車に乗って行きますよー。

CA330494.JPG
入ったらいきなり寿司屋さんがっ!!
・・・これから夜市で食べるわけなので、チラ見してスルー。
中には見たことないような寿司ネタがあったんですが・・・

CA330497.JPG
駅構内にあった珍妙な像。なんだこのオブジェ・・・

CA330498.JPG
切符の値段表・・・なんだけど、どれ買えばいいのかよーくわからんのです。MRTには乗ったことあるけど、普通の電車は始めて。
「コレじゃね?」「いや、確か本ではこの列車で・・・」と、もてる知識を総動員して券売機の前で格闘すること数分。

CA330499.JPG
買えました。
本当にこれでいいのかな、と一抹の不安をかかえながらホームへと向かいます。

CA330500.JPG
駅の中にある次の列車の到着時間連絡板。
日本じゃあまり見なくなった、数値がパタパタめくれるやつです。
ほとんどがLEDですからねー。
「ザ・ベストテン」を思い出した自分は、古い人間ですか?

CA330502.JPG
ホームへ降り立つと、そこには電車を待っている人が多数。
ベンチがあるのにも関わらず、階段に座り込むのが台湾流なのね。
いきなり人が座っているんで少しビビりました。

CA330503.JPG
数分遅れてきた松山行きの列車に乗って、れっつごー。
1両に2ドアしかないという客車(でいいの?)に乗って、ガタンゴトン揺れていきます。
客車なんて、有料車両しか乗ったことないから、アタフタしながら乗り込みましたよ。
あと、椅子が硬いです・・・ベンチの椅子ですかコレは。

CA330505.JPG
揺られること10分強、無事到着。
なお、乗っていた列車は松山駅が終点らしく、そのまま回送列車になったのですが・・・ドア開けたまま発車しやがった!
車掌も点検しにこなかったし・・・もし居眠りしていたらマジで大変なことになっていたかもしれない・・・(汗)

CA330506.JPG
ちゃんと夜市の案内があります。

CA330508.JPG
出てすぐ目の前が大通りで、その道を渡ると夜市になります。

CA330509.JPGCA330510.JPGCA330511.JPG
こういうの見ると、台湾来たって気がします。

3枚目の写真は、ここの夜市の名物である「胡桃餅」、ここでは食べませんでしたが、後で食べました。どういう食感かは忘れましたが、うまかったですよ。

ひとまず、どんどん奥に進んでいって目に付いたモノは片っ端から食っていこうということで、進みながら食い物を買っていきました。

CA330512.JPG

水饅頭みたいなもの。ただ、似て非なるもの。
水饅頭好きなので期待して食ってみたのですが、全然食感違うナリ・・・
そして甘くない。

CA330513.JPG
オーアーチェン!オーアーチェン!
牡蠣のオムレツ!牡蠣好きにとってはたまらない一品ですよっ!!
目にした瞬間お金払ってました(笑)

CA330514.JPG
見た目メロン、けど実際のところウリです。
味が何もしない・・・そしてキュウリみたいなシャリシャリしてました。

CA330515.JPG
焼きとうもろこし・・・のはずなんですが、これまた実が固い固い。
ついているタレは醤油っぽいんですが、ほんのり甘いよくわからないタレ。
とうもろこしの食感と味を期待すると、見事に裏切られます(笑)

CA330516.JPGCA330517.JPG
むこうの「おでん」らしいです(売り方もおでんっぽかった)

2枚目の写真にある黄色い入れ物。おでん=カラシという概念があった我々は大量におでんにつけて食ってみたんですが・・・・甘っ!!!
いくらなんでもこれはフェイントすぎます。あめぇぇぇぇぇ・・・

CA330518.JPGCA330519.JPG
よくわからないスープとお粥。
アクがとれてきれてないよぉ〜・・・ってことは、コレはズバリまずかったです。
猪肉がダシらしいんですが(商品名に猪の文字が入っていたので)

CA330520.JPG
口直しに肉まん、これはジューシー!

CA330521.JPG
ルーローハン!ルーローハン!
台湾の庶民料理である"そぼろ肉丼"です。
前回も食ってとりこになった味です。今回も忘れずげっと。
んまぁぁぁぁ〜い。

CA330522.JPG
最後のお口直しに杏仁茶をズズズっと飲みます。
ちょいと甘みが強いけど、サッパリ感があるのでヨシ!

CA330523.JPG
ひたすら食って飲んで歩いて・・・を繰り返したら、最終地点までたどりつきました。
ここの夜市は一本道に屋台をずらーっと並べたものらしく、他の路地には屋台はほとんど無いのだとか。

人も物凄かったし、雨がポツポツと降り始めて来たため、近場にてタクシーを拾い、ホテルへと向かうことにしました。

で・・・そのタクシーなんですが、乗っている最中スコールのようにドバーっと雨が降ってきまして。
その中を片手で運転しつつ、片手で窓を拭きながら猛スピードで走行する我々のタクシー。こえぇ、こえぇぇぇよぉぉぉ。

クレイジータクシーに揺られながら、無事ホテルに到着。
生きた心地がしなかったよ・・・

ちなみに運転している最中のBGMは日本の演歌集のCD。
八代亜紀の「雨雨降れ降れもっと降れ・・・」という歌声が頭の中に響いておりました。

こんな感じで、1日目が終わりました。
ホテルに到着後はシャワーを浴びておやすみなさ〜い・・・

- つづく -
posted by NOCHI at 15:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

巫女ブラスター

mbbn02a.jpg

http://www.yoshibaworks.com/

同人サークル「葦葉製作所」のほうで、新作ゲームを作りましたので告知を。

タイムトライアルシューティング、という一風変わったシューティングゲームを作りました。

巫女さんが空を飛び、銃を持ち、敵をバッタバッタとなぎたおす、新感覚のSTGになっております(ありがちな弾幕とかじゃないですよー)

体験版などは後日公開予定です。期待してお待ちくださいっ!!
posted by NOCHI at 14:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

オタに優しい街・台湾2007冬(1)

かなりお久しぶりな更新です。
2007年、2月に台湾いったときの旅行記になります。


さてはて、前回の台湾旅行では、7月末という真夏に近い気候の中台湾を訪れたわけですが、今回はうってかわって2月末。寒さの厳しい中いくことになります。

行く道順は前回とほぼ同様。
大宮駅から成田行きのバスに乗って向かいます。
CA330473.JPG

いざ、出発〜。
CA330474.JPG

ちなみに隣で爆睡していた同居人の図。
CA330475.JPG
実は旅行前日(というか朝まで)ゲームのマスターアップ作業に追われておりました…

揺られること約2時間。成田到着です。
CA330478.JPG

今回の荷物。
CA330477.JPG
前みたいに、ユニクロの袋ではありません(笑)
今回の訪台は、台湾の同人即売会イベント、ファンシーフロンティアにサークル参加する為にカバンには頒布物が大量に詰まっております。

X線検査の時、止められて中身を見られないかどうか心配だったのはここだけの内緒ですが…

チケットを旅行ツアー会社から手渡され、荷物も預けたところで若干時間が余ったので食事を取ることに。
CA330479.JPG
蕎麦を見事に食いきった後。ご馳走様でしたー!

前回は機内食があることを知らずに腹いっぱい食ったので、軽めに蕎麦にしました。学習してるじゃん俺!(爆)

その後、出国検査を受け、搭乗ゲートへと足早に移動。
CA330480.JPG
なお、出国検査時、いままでひっかからなかった金属探知機に反応してしまいました。
原因はベルトというありがちなオチだったわけですが…


そうそう、飛行機乗る前に空港内のトイレはいってみたんですよ、トイレ。
CA330476.JPG
なんでリンゴが…防臭剤代わり?

で。
CA330483.JPG

搭乗。

前回はチャイナエアライン、そして今回は日本アジア航空。
JAL系列の企業です。なんとなく安心感が漂うのは気のせいでしょうか・・・

CA330484.JPG
機内にて、入国書類の書き方の説明。
前回はコレがなかったせいで、物凄く苦労したんだっけか(遠い目)

ほどなくして機内食が配られ、それを食べた後、満腹のせいか眠気が襲ってきました。
抵抗することなく、夢の世界へ・・・


数時間後、台湾の桃園空港へ到着。
半年前いったときは「中正国際空港」だったのですが、改称されて「桃園国際空港」になったそうです。

CA330485.JPG
半年前にも見た看板。
さすがに2回目ともなると、テンションはあがらずに落ち着いている自分がいるのがわかります。

CA330487.JPG
面白い乗り物発見。
どういう人が乗るんだろう・・・

荷物検査などをあらかた済ませ、空港ロビーを出ました。
CA330488.JPG
こちらも以前見たバス乗り場です。

CA330489.JPG
空港に訪れるバス。
相変わらずどぎつい配色だけど・・・こういうのがいっぱいあります。
やはりここは文化性の違いなんでしょうか。

CA330491.JPG
その後、高速道路をかっとばし・・・

CA330492.JPG
ホテルに到着。今回の宿泊は「天成大飯店」です。
免税店みたいなところは寄らされませんでした。嬉しいですネェ。

現地の人曰く「台北ならほぼダレもが知っているぐらい有名なホテルです」とのこと。
駅前一等地だしねぇ・・・

- つづく -
posted by NOCHI at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。